期間工、頑張って経済を語る

2月18日(火)本日の広島県南部、昨日懸念された積雪及びそれに伴う交通網への混乱は全くなく、アスファルトに白銀の世界が装飾される事はありませんでした。

安堵のため息や歓喜の叫びは見られることはなく、そこにあったのはまだ火曜日なのかという落胆によるため息とそれを纏う寒気による寒いという、叫び。

こんばんは。どすこい太郎です。

会社の内部の事を書きたいのですが、ここは現実の世界です。頻繁に何かが起こることもありません。

それは安全な毎日が継続されているという証拠でもあるのですが。

今日は昨日発表されたGDP速報値で個人的に考えてみました。

スポンサーリンク

GDP速報値。10-12月期が6.3%減

昨日発表された、2019年10-12月期のGDP。確定値ではありませんが、年率換算で6,3%減という、インパクトのある数字。

ニュース等を見ていたら、8%増税後に比べれば影響は少ないと言っている方もいましたが(※2014年4-6月期のGDP速報値は6、8%減)その時は3パーセントの増税。今回は2%。誤差を考えれば当たり前ですよね。

前回の8%と違うのは、前回は駆け込み需要があったのに対し、今回はあまり見られなかったとの声も。特に高級品の買い控えが顕著だったとか。

確かにと思うことは身近にも起きました。

昨年11月に、ここマツダも期間社員の募集停止を発表したのは記憶に新しいところ。

当時、周りは俺は期間工だから別の場所へ行けば良いしとか、社員の方でも一時的。リーマンショックの時に比べればと楽観視してる人もいました。

これが、一時的であれば良いのですが…。

懸念される今後のリスク

  • 新型コロナウィルスによる経済ダメージ
  • 6月末に終了となるキャッシュレス決済ポイント還元
  • 五輪後の経済減速

現在猛威を振るっている新型コロナウィルスの影響が今後経済に大きく影響するだろうという事は、経済専門家でなくても分かります。

6月(※6月30日)にはキャッシュレス還元も終わります。

現在、キャッシュレス還元に関しては、加盟店側に、国からの補助が出ています。その補助がなくなれば事業者負担となります。

五輪の開催有無に関しても議題が上がってきてますよね。早く新型コロナウィルスが収束して欲しいところです。気温が暖かくなる4月以降にウィルスの力が弱まるとの話も聞きますが、果たして。

経済対策として、4兆円~6兆程度の真水が必要とのデータもあります。

…なんて暗い話ばかりしていても、前には進みませんね。

常にリスクを考えながらも、生き抜く術を身に付けながら生きていかなければいけませんね。なんとかなるさという心の余裕は大事かなと思うわけです。

このブログも少しずつですが、扱い方を覚えてきましたよ。

毎日投稿は勢いが続く限り頑張りたいと思います。仕事中は防塵マスクで黙々と作業するだけですので、人との関わりも1日を通したらそんなにありません。こうやって書くことは、ガス抜きになって案外良薬なのかなと思います。

明日は週の半ばです。明日を乗り越えれば今週の背中が見えてきます。土曜日は今のところ天気悪いみたいですが、晴れたら気分転換にどこか出かけられたらなあと思います。


期間工ランキング

寒かったからか、今日は変に疲れたぞ。そんな日はあったかいお風呂に入りたい。今から近所の銭湯でも行くかな?ん~悩むなぁ。電気風呂がね、パンパンのふくらはぎに効くんですよ。(※個人の感想です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました