期間工生活の間に正しておきたいこと

こんばんは。どすこい太郎です。

それでは本日のラインナップです。

スポンサーリンク

期間工生活から卒業できる人抜けだせない人

期間工生活は単純作業だけれど、①稼げる②寮費、光熱費が無料③職場まで近いという3大メリットがあります。

期間工へ入ってくる人たちの主な目的と期間工ループする可能性

  • 借金返済→高  返済が目的の為その後のプラン次第で出戻る可能性が高い
  • 開業資金→中  強固な目的があり起業後に安定するかどうかが鍵
  • 就職先がない→高 期間工での給与水準を対象にするため待遇次第で出戻る可能性がある
  • 学費を貯める→低  
  • 投資で金持ちになる→高 一攫千金狙いであるため

収入は残業代入れると平均年収で400万は超えてくる職業です。

但し、経済状況に左右されやすく安定的に稼げるとは言い難い職業ではありますが。

しかしながら未経験、スキルなしの全くのゼロからの状態で、期間工以外でその年収を稼ぐとなると非常に難しいと思います。

せいぜい頑張ってフル残業したとしても300万前後稼げたら良い方ではないでしょうか。

Q.何故期間工は稼ぐことが可能なのか

それには理由があります。

期間工が他の業種と決定的に違うのはインセンティブが発生するという事。

インセンティブと言っても技能がどうのというわけではありません。

ただ毎日無遅刻で無欠勤という社会人としての当たり前の事を守るだけで、皆勤手当てや慰労金、満了金等という名目でご褒美がもらえます。

それも割と大きな金額

さらに、寮費光熱費無料がデフォルトな場合が多く、体感的には額面年収+50~80万程度余分にお金が浮いてるのではと思います。

体感で年収500万程度の期間工

住居費や光熱費を含めると年収500万コースの期間工。

それだけの稼ぎがあれば、例え数百万の借金があろうと、1,2年耐えれば大抵の人は完済を余裕を持って行う事が可能です。

問題なのはそこではないのです。

この500万の生活レベルでどのように過ごしているかという事です。

毎月まとまったお金が入ってくると知らず知らずのうちに生活水準があがってくるものです

怖いのはここです。毎月の収支を確認しながら堅実にお金の管理をしている人でしたらそれ程問題ではないと思います。

問題なのはざっくりとしている人です。

借金持ちの場合、月々支払いでこれくらい払えば良いやという人は、近い将来また期間工にお世話になる可能性があります。

というのも、元々浪費癖が原因で借金を作った人は、生活バランスを感覚で行っており、日々の出費を数値化していない場合があります。

既に年収500万の生活をしている可能性が高いです。

多くの人の場合、期間工を満了すると収入は激減する

強力なコネがあるとか、期間工生活の間に副業が主業レベルまでの域に達したとかがない限り、大抵の人は都合よく転職した場合でも年収100~200近く減るのではないでしょうか。

【年収350万の会社へ転職した場合】

ざっくりと額面で年収350万の会社へ転職出来たと仮定します。

※賞与込み 住宅手当なしで計算

スタートから-150万からのスタートになります。残業も職種によりますが、青天井に付けられるような残業手当は少ないと思いますので、月々の大幅増は見込めません。

期間工で500万の生活水準で暮らしていた人はまず、ここで躓きます。

単純に毎月10万以上も使えるお金が減るのです。

例えば、湯水のごとく飲む、打つ、買うを興じてきた方は初年度からカツカツになるであろうことは容易に考えられますね。

年次昇給でベアアップも考えられますが、いきなり年収が150万も上がるような会社は現実的ではありません。

という事は、この何年もこの年収で過ごさなければならないという事です。

散財しないタイプの場合でも、月々で10万以上の収入減ともなれば貯蓄が趣味の方ではない限り、必要な物等、欲しい物等で我慢が必要になる場面が出てきます。

結果的に、期間工へ出戻る可能性も否定は出来ませんね。

フル満了は時として危険

期間工の方の多くは半年程度で満了を迎えます。

しかし中にはフル満了まで頑張る方もいます。

つまり約3年に渡り高年収をキープしていたという事です。

これは実に危険だと私は思います。

  1. フル満了までいる場合、少なく見積もっても散財に明け暮れない限り数百万のまとまった貯蓄が出来る安心感から、しばらく働かなくてもいいかなという甘い誘惑
  2. 転職活動時に、期間工時代の年収を相当下回る求人が殆どであり難航する。
  3. 求人内容では、みなし残業や、年間休日日数が期間工以下、賞与なし、退職金なしという求人も多い。

妥協で転職出来たとしても、生活スタイルを変えなければ貯蓄はすぐに底をつく

転職可能な求人にヒットし、無事に転職出来たとしてもそれに沿った生活水準にしなければ、いくら頑張って数百万の貯蓄に励んでいたとしても、すぐに目減りしていき、気が付けば相当な金額が減っているなんて事も。

時給1500円の派遣社員でも年収300万

一般的に時給が1500円と聞くとかなりの高単価です。

それでも、賞与なしや残業が少なければ、年収ベースでも300万程度。

例:1,500×8H=12,000円×日数(21日平均で計算)252,000×12ヶ月=3,024,000

夜勤があるような職種や交代勤務、各種手当があれば年収+数十万は見込み収入

しかし、この一例はあくまでも長期休暇もなく働いた時の金額です。

いかに期間工が恵まれた環境であるかわかりますね。

時給1500円を貰いながらでも期間工時代よりも収入は減りますから、今後のことを考えればガンガンと使う事は出来ません。

まとめ

期間工の生活が慣れてくると、出費が増えている場合がある。

今後の自分の生き方を見つめて支出を見直す。

スキルなしでフリーターや派遣社員になる可能性が濃厚であれば、普段から年収200万以下の生活スタイルを維持する。

出来るだけ無駄を省いた生活を心がける。

将来役立つ資格取得ならば惜しまず投資。目先の浪費よりも将来的なリターンですね。

経験も大事です。寮に引きこもってばかりでは、新しい風は吹いてこないです。自分を変える転換期であることも常に頭に入れておけば、同じ轍を踏んで期間工ループすることも減るのではないでしょうか。

私個人としては期間工を何度もループするのはオススメ出来ないです。

今回のような騒動が起きた場合とても弱い立場になるのが期間工でもあります。

高収入でいつでもできるからと当てにしない方が良いかと思います。

自分でルールを作り実行していけば、満了後も期間工で稼いだお金に手を付ける事もなくいざという時の為の蓄えになるのではないでしょうか。

自分がこれまで持ったことがないような金額になると金銭感覚がマヒしてきますので1度冷静になりましょう。

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました