暑い9月

こんにちは。
全国的に暑いですね。ここ広島も連日の30度超えで、涼しくなあれ涼しくなあれと怒り気味で吠えています。

私が入社した頃は配属先にも期間工の入れ替わりがちょくちょく見変えていたのですが、最近はあまり見かけないですね。

そもそも組立部署に比べれば、レアな部署。期間工の絶対数も少ないんですよね。

これまで聞いた話によれば、勤務中にいなくなりそのまま辞める人や、急にキレて来なくなる人等、問題がいろいろとある部署なのですね。

これらの話は、時期を開けて落ち着いて書いていきたいと思います。

連操

こんにちは。

マツダ期間工には様々な勤務スタイルがあります。通常は週毎に日勤、夜勤と変わります

勤務体系は下記のような感じ。

■広島本社工場
昼勤/8:15~17:00
(休憩時間/12:00〜12:45)
夜勤/20:15~5:39
(休憩時間/0:15〜1:15、4:00〜4:24)

さらに、間に10分程度の有償休憩があります(給料が発生しながら休憩できる状態)

これとは別に常日勤や、タイトルで触れた連操と呼ばれる連続操業があります。

これは少し特殊です。

私が勤務しているのが連操と呼ばれる部署で、勤務体系が4勤2休なのです。

日勤4日行くと2日休んで4日夜勤という流れです。

1日の勤務時間も長いのです。

連操のメリット

1.稼げる。
2.平日休みがある。

1に関してですが、連続操業の場合、ほぼ24時間稼働するような場所であるので反対直が来るギリギリまで勤務します。

私は某素材科に配属されていますが、日勤の場合8時から20時過ぎまでの労働です。なので稼ぎたくなくても稼げてしまうというのが種明かしです。

2に関してですが、4日いけば必ず休めるので全ての曜日に休日が回ってきます。

平日休みは結構な強みです。

ともあれ、私の連操はこうして始まったのでした。