思い出むかしばなし~寂地峡と186号線を巡る

室外機に水を弾く音で目が覚めた。カーテンを開けると、予報通りの雨。青空に蓋をした雨雲が一面を覆い、目の前の家のトタン屋根に雨音がリズムよく打ち付ける。 明日は休日だという昨日からの興奮は一気に冷めた。 「今日はどうすっぺかなぁ...
タイトルとURLをコピーしました